Skip to Content
[Page Content]

新しい投票体験



簡単。便利。アクセス可能。

Vote Centerlogo投票センター

L.A.郡では、投票所から投票センターにアップグレードしました。有権者は、郡内の投票センターで直接投票するオプションがあります。投票センターは投票所のように見えますが、投票を簡単かつ便利にするための追加の最新機能を提供します。

3月3日の大統領予備選挙での投票センターの一覧は、すぐに可能になります。

最寄りの投票センターを検索



Voting Period logo投票期間

直接投票する日が1日あるというのは、過去のことです。 L.A.郡の有権者は、郡全域の投票センターで連続する11日間に直接投票することができます。

2020年3月3日大統領予備選挙の投票センターは、2月22日から3月3日までオープンしています。



有権者はL.A.郡のどの投票センターにも行くことができます



BMD logo投票用紙記入用端末

紙の投票による簡単でアクセス可能な投票体験のための技術の利点。

投票用紙記入用端末により、有権者はニーズに合わせて投票体験を簡単にカスタマイズできます。有権者は、13の言語にアクセスし、タッチスクリーンを快適な角度に調整し、文字の大きさや明暗などの表示設定を変更したり、音声ヘッドフォンとコントロールパッドを使用して投票することができます。

L.A.郡にとってセキュリティは最優先事項です。このため、この端末はネットワークやインターネットに接続されていません。わかりやすい指示により、支援を必要とせずに有権者に投票プロセスを導くことができます。

以前は、機動性または視覚に問題のある有権者は、別の投票ブースに行くように求められていました。もう違います。投票用紙記入用端末は、以前に利用可能だったすべてのアクセシビリティ機能を提供し、それらをすべて1つの端末にアップグレードします。

投票用紙記入用端末に関する事実


ISBlogo対話型投票用紙見本

投票プロセスをスピードアップする便利な方法で、有権者が投票センターに行く前に選択を行えるようにします。

対話型投票用紙見本は、投票センターに到着する前に選択肢にアクセスしてマークを付けたい有権者にとって便利なオプションです。コンピューター、携帯電話、または個人用端末を使用して、有権者は投票情報を確認して選択することができます。選択プロセスを経た後、対話型投票用紙見本は、航空会社の搭乗券のように、投票パス(QRコード)を作成します。

投票センターで、有権者は投票パスをスキャンして、自身の選択肢を投票用紙記入用端末(BMD)に転送します。次に、確認画面が表示され、有権者が変更したり、投票することができます。

始めましょう

対話型投票用紙見本の事実


E-Pollbook logo電子版選挙人名簿

郡内の投票センターでチェックインする、および登録を更新する最新の方法。

電子選挙人名簿(e選挙人名簿)は、印刷された有権者のリストに置き換わり、投票センターのスタッフが有権者の登録資格をリアルタイムで確認するために使用します。さらに、e選挙人名簿は、有権者が郡内のどこかですでに投票しているのかどうかを示し、複数の場所での投票を許可しません。

e選挙人名簿の有権者情報は、投票用紙記入用端末または集計システムに接続されていません。これらは、有権者の個人情報を保護するために互いに独立したままです。印刷された投票用紙には有権者の情報は含まれません。

電子選挙人名簿の事実


あなたのコミュニティに伝えてください

以下の資料をダウンロードしてあなたのコミュニティに配布してください!

[Original Content]