Skip to Content
[Page Content]

Provisional Voting

provisional-voting

暫定投票は1984年以来Californiaで使用されています。一度投票されると、暫定投票用紙はピンクの封筒に入れられ、処理のために確保されます。暫定投票用紙は、選挙当局が有権者登録の有効性を確証し、有権者がその時点で選挙に投票していないことを確認した後に集計されます。

過去の選挙記録によると、平均で暫定投票用紙の85〜90%が有効であり、集計されています。

有権者は、選挙日から30日後に自身の暫定投票用紙の状況を確認できます。

暫定投票用紙で投票する全ての有権者は、投票用紙が集計されたかどうか、集計されなかった場合はその理由を確認する権利があります。

  • 有権者は、選挙後30日以内に、暫定投票用紙の状況検索を使用してオンラインで投票用紙の状況を確認できます。あなたの状況を検索するために知っておくべきこと:
    • あなたの姓
    • あなたの生年月日
    • あなたの番地(あなたの住居の番地だけで、通りの名前は必要ありません)
  • コンピューターのない有権者は、こちらにお電話できます:(800) 815-2666、オプション2、または(800) 841-8683。

暫定投票はいつ必要ですか?

  • 名簿にお名前が見つからない場合。
  • 有権者が間違った投票所で投票している場合。
  • 名簿はVBMが発行されたと示しており、有権者は破棄する郵便投票用紙を持っていない場合。
  • 名簿はNEWと示し、そして有権者はIDを提供しない場合。

なぜ暫定投票?

  • 暫定投票により、適切に登録された有権者が、事務による、処理による、コンピューターによる、またはその他のエラーによるためにその有権者の名前が名簿にない場合に、投票する権利を拒否されないことが保証されます。
  • 暫定投票により、公認記録係/郡書記は、特定の選挙で誤って2回投票した有権者がいないことを確認できます。
  • 有権者は、投票登録をしている郡内のいずれかの投票所で暫定投票用紙で投票することができますが、投票する資格のある投票項目のみが集計されます。

暫定投票情報ページをダウンロードして印刷するには、ここをクリックしてください。

疑わしい場合は、暫定的に投票することを忘れないでください。投票所で直面するかもしれない問題に関係なく、暫定投票用紙で投票することは有権者としてのあなたの権利です。投票は止まることはありません。暫定投票用紙は、すべての有権者が選挙日に投票する機会を確実に得るための方法です。

[Original Content]
Alert - COVID-19

The Registrar-Recorder/County Clerk will close all of its offices to the public effective Monday, March 16 as a precautionary measure to help slow the spread of the Coronavirus (COVID-19).

Due to the ongoing COVID-19 health crisis, all mail and online orders are experiencing processing delays. Thank you for your patience and please click here for updated information regarding COVID-19.