Skip to Content
[Page Content]

選挙公報

アメリカ投票支援法令(HAVA)

2002年アメリカ投票支援法令(HAVA)は、2002年10月29日にブッシュ大統領が署名して施行されました。HAVAの下で新たに設けられた要件は、有権者登録、投票、及び市民としての権利の行使方法に影響をもたらすものです。

以下の分野が変更されています:

  • 新しい投票装置
  • 暫定投票権
  • 有権者登録の新ルール
  • 軍人及び海外在住の有権者への支援
  • 投票過程の向上のための新たな方法

HAVA及び本法令の有権者への影響に関する詳細は、California州務長官のウェブサイトをご覧ください。

投票権法

投票権法は、1965年に最初に制定され、1970年、1975年、1982年、及び2006年に延長されており、連邦議会が制定した公民権法の中で最も効果をもたらした法律だと一般に見なされています。 この法律は、国内のいかなる地域においても、誰も人種や肌の色によって投票権を否定されるべきではないことを恒久的に保証する憲法修正案第15条を成文化し、発効したものです。 またこの法律は、国内の特定の法域においては、より厳しい義務付けを課すいくつかの特別条項も含まれています。

投票権法に関する詳細は、法務省公民権部門のホームページをご覧ください。

[Original Content]