Skip to Content
[Page Content]

有権者登録に関するよくある質問

誰が投票するための登録を行うことができますか?

誰が投票するための登録を行うことができますか?

次に該当する方が有権者登録できます:

  • 米国民であること。
  • 選挙日以前に18歳以上であること。
  • 裁判所により精神的に無能力であると判断されていないこと。
  • また以下に該当しないこと:
    • 州と地方自治体の間での契約に基づき、郡刑務所において重罪の有罪判決による州刑期を服役中。
    • 重罪の有罪判決による刑務所/拘置所からの釈放の条件として仮釈放中/保護観察中
投票するための登録はいつできますか?

待機期間はありません。投票するための登録又は再登録はいつでも行うことができます。選挙で投票する資格を得るためには、該当する選挙の15日前までに登録しなければなりません。

投票するための登録用紙はどこで入手できますか?
  • Californiaオンライン有権者登録システムを使用してオンライン登録。
  • 有権者登録用紙を記入して郵送登録。入手方法はたいていの政府機関事務所には有権者登録用紙を置いてあるのでそこから入手。
  • 公認記録係/郡書記事務所 又はたいていの政府機関事務所に行って直接入手。
  • (800) 481-VOTE、(562) 466-1310、又は(562) 466-1323までお電話ください。

詳細は、登録情報をご覧ください。

車両部門(DMV)で登録しましたが、郡から登録されていないと言われるのはなぜですか?

DMV事務所で登録したと思っても実際には登録されていない市民が多くいます。DMV用紙の指定欄にチェックマークを付けて、投票するための登録を行うことを希望しても、多くの人が添付の有権者登録用紙に必要事項を記入し忘れています。登録済みの有権者になるには、有権者登録用紙に必要事項を記入し、署名しなければなりません。

転居したばかりで再登録しなかった場合はどうなりますか?私には投票する資格はありますか?

以前にLos Angeles郡で登録しており、郡の境界線内で転居してから再登録を行っていない場合は、新しい住所に該当する投票所で投票することができます。暫定投票用紙に投票し、暫定投票用紙の封筒に新しい住所と以前の住所を記載するように求められます。

投票するための登録を行いたいのですが、私は公的な個人です。私の住所は一般に公開されますか?

現行の州法に基づき、有権者の登録情報は公的記録事項となります。自宅住所や電話番号など特定の有権者情報へのアクセスは限定されます。上位裁判所の命令、又は州務長官の家庭内暴力及びストーカー行為に対する住所秘密保持プログラムに参加していることを示す証明書を提示すれば、どの個人もその現住所、電話番号、eメールアドレスを極秘として宣言することができます。

これらの状況下で秘密保持を許可された個人は、それ以降すべての郡選挙にて、又は裁判所、州務長官事務所、又は有権者から書面にて郡に通知があるまでは、不在者投票有権者と見なされます。

例外: 有権者情報は以下の者に対し閲覧可能となります。

  • 候補者
  • 選挙運動委員会
  • 選挙、学問、ジャーリズム、政治、又は政府の目的にこの情報を使用することを許可された個人
登録期日を過ぎてから帰化宣誓式に出席して新国民になりました。まだ登録して投票することはできますか?

はい。登録最終日より後に国民になった個人は、選挙日までに投票するための登録を行い、投票することができます。投票するための登録と投票は、Norwalk事務所でのみ行わなければなりません。新国民は、帰化証明書を提示し、Los Angeles郡内に居住していることを宣言しなければなりません。

勤め先を使って投票するための登録を行うことはできますか、又は自分の私書箱番号を使用することはできますか?

いいえ。自宅住所でのみ投票するための登録を行うことができます。勤め先や私書箱番号は、送付先としてのみ使用できます。

私は、自宅から離れた大学構内やその周辺に住む大学生です。通学している大学の住所で登録することはできますか?

資格のあるすべての国民と同様に、大学生も投票するための登録をでき、通学している大学の住所を使って行うか又は家族の現住所の使用を選択できます。California州法(選挙法第2025項)により、大学生が希望する場合は、通学している大学の住所を本籍または法定住所とすることが許可されています。

前回の選挙で投票しませんでした。再登録する必要はありますか?

いいえ。 同じ住所に住んでいる限り、投票するための登録を済ませたことになるため、選挙資料の郵送は継続します。ただし、異なった住所に転居したり、過去数回の選挙で投票しなかった場合は、転居していないことの確認、又は現住所情報の提供を要請する通知を受ける場合があります。住所確認郵便に応答しなかったり、郵送日と続けて2回の連邦総選挙との間に行われた選挙で投票しなかった場合、登録が取り消されることがあります。

投票するための登録に身分証明書は義務付けられますか?

アメリカ投票支援法(HAVA)には、州/管轄区で初めて投票するための登録を行う個人は、有効なCalifornia州運転免許証又は州身分証明書番号を提供しなければならないことが規定されています。このいずれも提供できない申請者は、ソーシャルセキュリティ番号の下4桁を提供できます。有権者が州の記録と一致する運転免許証又は州身分証明書番号を提供した場合、有権者は投票時に身分証明書を提示する必要はありません。

個人が郵便で登録を行い前回の連邦公職選挙で投票しなかった場合、及び:

  • 投票所にて投票する場合: 写真付きの身分証明書又は有権者の氏名と現住所の両方を示す文書を提示しなければなりません。
  • 郵便投票を行う場合: 写真付きの身分証明書又は有権者の氏名と現住所の両方が記載された文書を提示しなければなりません。
元重罪犯罪者には、投票するための登録を行って、投票する資格がありますか?

はい。現在重罪の有罪判決の服役中、又は仮釈放中でなければ、元重罪犯罪者には投票するための登録を行って、選挙で投票する資格があります。詳細は、受刑者の投票をご覧ください。

有権者登録にDMVが関与しているのはなぜですか?

1993年度全国有権者登録法(ドライバー投票者法としても知られる)により、DMV事務所で諸手続きを行う個人に、投票するための登録や有権者登録情報の更新を行うことが許可されています。

私の氏名、住所、又は所属政党が変更した場合はどうしますか?

新しい有権者登録用紙に新しい情報を記入し、提出してください。投票する候補者や法案に関する正しい投票資料が届くように、有権者登録に常に最新の現住所が記録されるようにしてください。

投票するための登録をしていない場合に請願書に署名することはできますか?

いいえ。請願書の署名が有効となるためには、署名者は登録済み有権者でなければなりません。請願書に署名したその当日、又はそれ以前に有権者登録用紙に必要事項を記入して署名した場合、あなたの署名は有効となります。請願書が選挙担当官に提出される日又はそれより前に、必要事項を記入し署名した有権者登録用紙が選挙担当官に受領されなければなりません。

陪審義務に市民を選択するために有権者登録リストが使用されるというのは本当ですか?

はい。California州法令により、登録済み有権者リストは陪審の選択に使用するため陪審コミッショナーに提供されることが義務付けられています。陪審員選抜のためのもう1つの情報源は、車両部門から入手される、当該司法管轄区内の免許取得済み運転者及び身分証明書所持住民のリストです。

有権者登録を取り消せば、陪審義務に確実に召還されなくなりますか?

いいえ、陪審サービス課が有効有権者及び登録解除有権者リストのファイルを要請します。さらに、California州法令により、車両部門(DMV)から入手される免許取得済み運転者のリストも陪審コミッショナーが利用できるようにすることが義務付けられています。陪審義務の召還に関する追加情報は、(213)974-5332又は5333に電話するか 、Los Angeles郡陪審サービス課をご覧ください。

私は他の言語を話します。どのように登録したら良いですか?

他の言語による有権者登録用紙が必要でしたら、補助いたします。公認記録係/郡書記事務所は、連邦法と州法に準拠し、中国語、英語、ヒンディ語、日本語、クメール語、韓国語、スペイン語、タガログ語、タイ語、ベトナム語といった10の異なる言語による有権者登録用紙を提供しています。

多言語選挙資料のご要望は、(800) 481-8683までお電話ください。

[Original Content]