Skip to Content
[Page Content]

Woman Holding Vote Pin

選挙日の投票所でのサービスについて:

概要

Los Angeles郡では、アクセスのしやすさを懸念する有権者のニーズを満たせる投票所の特定に多大な努力を払っています。特定のニーズをを持つ有権者をより良く補佐するため、すべての投票所にはアクセスの容易さを特徴としています。

投票所でのサービス

  • オーディオ投票ブース
  • 場外投票
  • グリップボール付きInkaVoteスタイラスペン
  • 20/20黒色太書きフエルトペン
  • 拡大用具
  • 投票プロセスの各手順における投票所係員による補助
  • 移動式アルミ製傾斜台(一部の投票所)
  • 車椅子で利用できる投票ブース
  • 障害者用駐車スペースの標識

選挙日当日のサービス

以下は選挙日に投票所で利用できるサービスです。

  • アクセス可能な投票所: 各投票用紙見本パンフレットに、車椅子を使用する有権者が投票所にアクセスできるかどうかを示す国際的なアクセス標識を表示しています。現在、L.A.郡の投票所の95%がアクセス可能となっています。
    • あなたの選挙区と同じ投票用紙を使用できる最寄りのアクセス可能な投票所を検索するには、 (562) 466-1310にお電話になるか、投票所検索をご利用ください。アクセス不可能な投票所を連絡先 ページで報告できます。
    • Iあなたの投票所には車椅子のアクセスがない場合は、最寄りのアクセス可能な投票所または投票所の外で投票することができます(下記の場外投票を参照)。アクセス不可能な投票所を連絡先 ページで報告できます。
    • アクセスできない代替の投票所
    • 近隣投票センター(NVC): 近隣投票センター(NVC)は、Los Angeles郡内の未来型の投票所です。NVCは2か所から4か所の投票所を、近隣地域の馴染みのあるよく目立つ場所に統合し、特定のニーズを持つ有権者がアクセスでき、駐車場も完備されます。
    • 投票補助: California州法に基づき、投票する際に補助を必要とする有権者は、補助を要請する権利があります。投票所係員が補助を提供したり、或いは有権者が自分を補助をする個人を選択することができます。投票用紙に自分で印を付けることができない場合、投票を手助けできる個人を上限2名まで選ぶことができますが、有権者の雇用主又はその雇用主の代理人、若しくは有権者の組合のリーダー又は代理人を指定することはできません。
    • 車椅子を利用する有権者: 郡の全投票所には車椅子のアクセス可能な投票記入ブースが用意されています。
    • 場外投票: 建築上の障害物があったり、身体的な制約のために投票所の投票エリアに入ることができない有権者は、「場外」(投票所の外)での投票を要請できます。投票所係員が投票用紙と投票装置を有権者に提供し、必要であれば有権者を補助し、有権者の投票用紙を投票箱に入れます。
    • 視覚障害を持つ有権者: 郡内の各投票所には、大きな文字で投票方法が表示されています。投票用紙の判読が困難な有権者は拡大用具も利用できます。投票所係員による補助はいつでも可能です。
    • マーキング用具:投票記録マーカーに付けると簡単に握れるボールがLos Angeles郡内の全投票所に用意されています。このマーキング用具により、通常の投票用具を握ることができない個人はより簡単に投票用紙に印を付けることができ、正確に投票することができます。

    ご質問は?

    投票所の検索は投票所検索をご利用ください。

    あなたの投票所はアクセス設備の整っていましたか?お気付きの場合は、ご意見をお寄せください。投票所の再調査及び再評価を行います。(562) 462-2894のNelson Fernandezまでご連絡いただくか、 オンライン有権者アクセス用紙にご記入ください。

    詳細は、こちらのチラシをお読みください。 投票はあなたの権利:特定のニーズを持つ有権者のための投票ガイド

    アクセス可能性レポート: 2013年障害のある有権者のアクセス可能性

[Original Content]