Skip to Content
[Page Content]

投票アクセス諮問委員会(VAAC)は、公認記録係/郡書記事務局が、様々な障害を持つ個人のために、アクセスと選挙プロセスへの参加を高める革新的な戦略の実施を支援するために2006年に設立されました。

責任

  • 隔月に行われるVAAC会議に出席します。これらの会議には電話を使用して出席することもできますが、最低でも半数の会議には直接出席することが奨励されています。
  • 投票所のアクセスに関する問題を克服するための助言を行います。
  • アクセスに関連する部門のウェブサイトや教育資料について推奨を行います。
  • 投票所のアクセスに関するアンケートの実施を支援します。
  • 投票所係員の研修教材やクラス内容に関して推奨を行います。
  • 障害者コミュニティを対象とする地域対外活動の実施について推奨を行います。

委員

委員会は以下の団体の代表者で構成されます。

  • California Council of the Blind
  • California Individual Living Center
  • City of Whittier
  • City of Los Angeles Department of Disability
  • Disability Rights California
  • Disabled Resources Center, Inc.
  • Los Angeles County Chief Executive Office
  • California Department of Rehabilitation
  • United Cerebral Palsy
  • The Center for Disability Studies and Community Inclusion (USC)
  • Westside Center for Independent Living
[Original Content]